読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生つんでる

よく「人生楽しそうだね」って言われますが割りと詰んでます

2016/09/17 イナズマロックフェス(妄想キャリブレーション)→装神少女まとい先行上映会(Mia REGINAミニライブ)

イベント感想 アイドル 自転車

f:id:tsunderu:20160923021355j:plain

イベント行って来ましたブログです。

この日は何もない予定だったんですがなんかありそうな気がしてたまたま休みとっていたのが偶然イベントが入って、関西という近場だったので自転車で行って来ました。(近くない)

 もともとは行く気がなかったんですが太り気味で全然自転車も乗っていなかったので関西なら行けるかと思いダイエットがてら行くことにしました。最初はミアレジミニライブだけの予定だったんですが妄想キャリブレーション(以下モーキャリ)が出るイナズマロックフェスも同じ関西でしかも無銭でさらにそれまで活動休止していた胡桃沢まひるさん(推しです)の復帰ライブ、しかもしかも無銭ということで行くしかないと思い回すことにしました。後から気づいたんですが公共交通機関だけを使っていたら回せないイベントだったので自転車で行って正確でした。何から何まで私信のようなスケジュールで行く前から感動していました。

イナズマロックフェスは琵琶湖のそばで開催のイベントでモーキャリの出番の時間は12時半くらいだったので夜通し走るスケジュールになりました。一応グーグルマップで最短距離を引いた感じでは距離は100キロくらいだったので普段なら5時間くらいで行ける距離なんですが荷物も多いのとほぼ走ったことがない道であること、万が一にも遅れられないイベントであることを考えて夜中の1時半くらいに出発しました。正直かなり早いかなと思ったんですが一度起きてしまって眠れなくなってしまったのと早めについて向こうで寝ればいいやと思ったので早めに出発しました。ちなみにまた睡眠時間1時間ほどになってしまいました。前のキャノボのときもそうだったんですがロングライドの前になんで寝不足になってしまうのか・・・。

国道1号を西へ走り、木曽三川を超えて(ちなみに1号の木曽三川を超える橋は歩道がガタガタでクソです)そのまま行くと四日市鈴鹿まで行って南に行き過ぎてしまうので途中で曲がり国道142号を経由して国道421号を通るルートで行きました。(とんでもない田舎道です。)夜中走るのは怖い道でしたが新しくまあまあ明るいライトを買ったのでなんとかなりました。

このルートは鈴鹿峠という600mくらいあるまあまあの峠を超えるルートなんですが、途中トンネルがあるのでまあ登りというほどのルートでもないだろうと思っていたんですが甘かったです。トンネルはあるにはあるんですがそこに行くまでがなかなかの登りでじわじわと登り初めてトンネル直前あたりはインナーローまで使ってしまいました。以前にも一度通ったことがある道なんですが真っ暗でライトの明かりの範囲しか見えないので斜度もコースもいつまで続くのかもろくにわからない中で荷物の重さとあいまってなかなかのキツさでした。ちなみに以前はトンネルを通らずに行きました。トンネルの入り口のそばにワキに反れる小道があってそちらに行くとトンネルを通らず峠まで行けるようになっています。ただ道の入り口にクルマ止めがあり通れないようになっているので交通量はゼロです。(自転車も歩行者も通りません。)森の中と変わらないようなルートを夜中走るのは怖すぎるのと無駄に登りたくもないので今回は大人しくトンネルを通りました。トンネルも路肩がなく非常用の歩行者が通るクソ狭い道を4キロほど走るのはなかなか怖かったですが・・・。

難所を超えたら後は下り貴重でなかなか楽でした。途中膝が怪しくなったりしましたが少しポジションをいじったら治りました。青看板の表示では大津市しか出なかったので勝手に大津市だと思い込んでいたんですがライブ会場は草津市でした。大津市よりも10キロほど手前だったので予定よりかなり早く進んでいたことがわかりました。会場が10時からしかオープンしないという情報を見たのであまり早く行ってもしょうがないなと思い途中道の駅で昼寝しました。9時くらいまでいたと思いますが途中からアンパンマンの子供が遊ぶ乗り物みたいなヤツの電源が入れられてデモ音声がずっと流れ出して寝れたような寝れないような微妙な感じでした。

向こうには何もないだろうなと予想していたので(案の定ボッタクリ価格の売店以外なにもありませんでした)ちょっと遠くのコンビニで補給してジャージの中にコンビニ袋を詰めてボテ腹妊婦状態で現地に到着しました。こういうとき自転車は便利ですね。11時くらいだったと思います。

ライブスペースの広場はそんなに人だらけというわけでもなくて座れるくらいのスペースがあったのでライブをダラダラ見ながら休憩してました。一人で盛り上がるテンションにもなれなかったので僕が一番嫌いな演者の前なのにスマホポチポチマンになってました。疲れてたので許してください。

当日は有料の方のステージにももクロが来るらしく周りにドルオタがやけに多かったです。ハッピを着たオタクが酒を飲みまくって後ろのほうでオタ芸したりコール入れたりちょっとしたディアステージみたいになってました。しかもアイドル全く関係ないカッコイイバンドのロックアーティストみたいな人たちのときにやりだすので前の観客が後ろを見てしまったりしていてうわーってなってしまいました。まあ楽しみ方は人それぞれなのでなんでもいいですが。

12時頃に電車とシャトルバスで来た知り合いのオタクたちも到着しました。特にモーキャリのオタクというわけではないのですが来てくれて嬉しかったです。モーキャリの前はパスコードというアイドル?の出番でした。以前フェスのときに一度見たんですがそのときメガネを落としてしまっていてろくに見えない状態だった上に自分自身がめちゃくちゃに低まってしまっていてほとんど記憶になかったです。今回改めて見ましたがすごいなあという感じでした。なにがすごいって常時リフトが上がっているんです。アイカツの大人向けライブでうるさいだのマナーがどうのだの言ってる人たちは一度アレを見てみたらいいと思います。ライブが楽しいかは別ですがアレを見ると自分が普段行ってる現場の治安の良さが確認できると思います。アレより酷い現場はまずないと思います。リフトがすごくてセキュリティのプロレスラーみたいなガチムチのお兄さんが押されていてなんかすごいなーと思っていたらMCもほぼなく3曲くらいバーッとやって帰っていきました。ちなみに生バンドでした。ちゃんと楽曲聞いたことないのでよくわかりません。そのうち事故が起きて解散しそうな気もしますがどうなるんでしょうか。とにかく熱気はすごいと思います。

あっけにとらていたらモーキャリの出番です。それまで雨が降りそうなくらい曇っていたのですがモーキャリの出番が近づいてくるとどんどん晴れてきて真夏のようにカンカン照りになりました。天もまひる復帰を祝福してくれていたんだと思います。やっぱり野外は暑くて晴れていて死にそうなくらいがちょうどいいですね。

リハのとき全員出てきた時点であちこちから「まひるおかえり」の声があがって本当にここに来て良かったと思いました。セトリも意外性があって、無銭なのに5曲もやってくれて、しかもなぜかかなり前の方で見れて今までで一番楽しかったかもしれません。やっぱり野外はいいですね。最近モーキャリは新曲がEDMばかりで結構飽きがきていたというか、今年に入ってソニレコからメジャーデビューが決まってそれまでは自分たちでセトリを決めていたらしいんですがセトリも自由に決めれなくなったり、昔のほうが良かったという声が結構聞こえたり(僕は最近からしか知らないですが昔のライブ映像のほうが楽しそうに見えたりはしていました)していたんですが、今回のライブを見てなんだかそういうモヤモヤが吹っ飛びました。やっぱりモーキャリのライブは楽しいですね。まひるが病気で休養してどうなることかと思いましたがまひるの休養→復帰という過程を経て新生モーキャリと呼んでもいいくらいに変わったように感じました。ツアーも楽しみですね。まあただの自転車で来たのとまひる復帰なのと野外っていうシチュエーションが重なって良く感じただけかもしれないですが・・・。

モーキャリが終わって、次のMia REGINA(ミアレジ)ミニライブは京都なので即自転車で移動することにしました。いつまでも無銭ライブをグダグダ見てる余裕はありません。終わった時点で約1時くらい、京都のイベントが4時からで距離は約30キロほどなのですが油断はできません。京都へは一度だけ自転車で行ったことがあるんですがかなり昔で記憶があまりないのでルートが曖昧なのと当時のぼんやりした記憶によれば山超えがあるからです。京都は外部からは山か川を超えなければ入れないというのはよく言われていますね。一応国道1号を通るルートではトンネルっぽいのはあるんですが例のごとく歩行者自転車が通れるようにはなっていません。本当に日本はおかしな国ですね。こんなに狭い国でしかも世界的に自動車を少なくしようという動きがあるのにいまだに自動車最優先の道路のままですからね。自転車で長距離走ると本当に日本の道は自転車という存在をまるで無いもののように扱っているというか臭いものにフタをするかのような対応だなと思います。

愚痴はこれくらいにしておいて、とりあえずサッサと出発して京都を目指します。ちなみに帰りのシャトルバスは午後6時くらいからしかなかったみたいです。公共交通機関では回せないという理由はこれです。モーキャリを見終わって特に用がないオタクたちはタクシーで駅まで行ったみたいですがかなりの金額がかかったみたいです。この手の野外フェスはだいたい文明が無いところでやりますがもうちょっと融通効かせて欲しいですね。まあ屋台に金を落とさせるためにこうしてるんでしょうが・・・。

時間的には余裕だろうと思っていたんですが会場前についたのは3時くらいでした。結構ギリギリでしたね。チケットを別のオタク氏に連番でとってもらっていたんですが地元のオタク氏が来たのが4時ギリギリくらいでした。なんで滋賀から自転車で回してきたオタクより地元の電車で来れるオタクのほうが遅いんだ・・・。(オタクは地元のイベントとか興味がないイベントだと露骨に来るのが遅くなるので面白いですね)

会場入りして、まずはMia REGINAがOPを担当するアニメ装神少女まといの先行上映会が始まりました。最速上映らしいのですが僕はアニメの方にあまり興味がなくて会場も暗くなったので寝るかもと思ったら眠くならないくらいには引きつける展開で面白かったです。なんとなく、「まどマギ」と「ビビオペ」と「ジョジョ」を混ぜたような感じのアニメだと思いました。スタンドをまとって戦う和風魔法少女エロアニメって感じです。なかなか先が気になる展開ではあったんですがもう最近本当にアニメを見るのが億劫でしかも僕の地元では地上波で放送しないので多分始まっても見ないと思います。

アニメ2話の上映と声優さんのトークイベントが終わっていよいよミアレジミニライブです。ミアレジとして結成してからはディアステのお披露目イベントとショーケース、リリイベしかやっていないので初めての単独箱イベということになります。ハコもまあまあ大きくて広くて厳かな感じで、京都というアウェーな場所と周りがほぼ声優のオタクだらけだったせいか皆さんかなり緊張してました。5列目だったので結構震えてるのとかが見えてしまってこっちまで緊張してしまいました。チケ代が1500円と安くてアニメ2話もついてきているので一曲やるだけかなと思っていたら最初にシングルのカップリング曲であるRadient starをやってくれました。かなり盛り上がる曲で実質このイベントが初めて声出せるイベントという感じだったので楽しかったです。わかさま作詞の曲のせいか結構わかさま中心のパートが多くて好きです。Bメロサビ前に一瞬静かになる部分がわかさまソロで「君とつなぐこの手」という歌詞があるんですがそこで一緒になって手を伸ばして手を握る動きできたので最高でした。(わか推しです)

どうでもいいんですが周りのオタクが結構ピンク色の棒を振っていたのがちょっと気にかかりました。まあペンライトなんて何振ってもいいんですが多分スターアニスのわかのイメージでピンクを振っているんだと思いますが、一応スターアニスではない霧島若歌の推し色(イメージカラー)は水色なんです。リス子は赤のままですがわかは水色、ふうりはオレンジに推し色が変わっているのでそこを知らずに振っているのはなんとなくうーむと思いました。

新曲も初めて聞きましたがちょっと変則的なリズムでしたが初見でも乗れる感じで良かったです。まさに和ロックという感じですね。サビ途中でジャンプする感じだったのでオタ芸はやりにくいなと思いました。尺的になんとなくイエローパンチョスしたくなる感じだったのでフューチャーダイバーみたいに最後だけジャンプせずサンスネからイエローパンチョスとかやっても面白いかもしれませんね。ミアレジはまだコールとかが定まってないだけなのかアニソンアーティストという肩書き上みんな遠慮しているのか、誰もコールも何もしないのがちょっと残念ですね。ディアステでは盛り上がりまくりオタ芸コールさせまくりみたいな3人のせっかくのユニットなのでもっと盛り上げてもいいと思います。

2曲もあってアニメ見れて最後はお渡し会まであってなかなか価格以上の良いイベントでした。最後声優さんのお渡し会だったんですが前の方にいたオタクは1分くらい話せていたのに僕のときは時間が押してるからという理由で一言喋っただけで剥がされたのは少し不平等だと思いました。まあ実際声優目当てで来てるわけじゃないし全然知らない人たちだったのでいいんですが・・・。

楽しいイベントも終わり、この日は大阪のオタクハウスに泊めさせてもらうことになりました。滋賀京都大阪と一日で移動しまくりでオタク大移動というか関西大満喫という感じで楽しかったです。なんだかんだこの日は200キロくらい走ったと思います。

以前大阪から京都まで走ったことはあるんですが京都から大阪は初めてです。以前走ったときはやたらクルマが多くてアップダウンも多くて空気が悪くて走りにくいなと思ったんですが今回は夜だったせいもあり意外と楽しかったです。途中枚方市を通ったんですが枚方市はやたらデカい商業施設というかいろんな小売店が集合した大型店舗が多くて、夜なのでそれらの看板がライトアップされていてまるで要塞のような雰囲気があって面白かったです。実際小売店の生き残りをかけた要塞なのかもしれませんね。大阪はマナーが悪いみたいなことをよく言われますが交通マナーに関しては名古屋より全然マシだなと思いました。道はそんなに広くないですがどの道もほどほどに路肩が広くてクルマもあまり頻繁に幅寄せしてきたりすることはなかったので走りやすかったです。

途中迷ったり小雨が降ってきたりしましたがなんとか到着してラブライブサンシャインを見たりビール飲んだりして終わりました。ネカフェ泊まりだと自転車の盗難が心配なので盗難の心配がないというのは本当にありがたいですね。ありがとうございます。

翌日かなり寝不足を感じる状態で起きてニチアサを見たり特番のこち亀を見たりしていましたが遅くなるほど雨雲が近づいてきていたので早めに出発して帰ることにしました。帰りは国道163号から25号を経由して1号に戻るルートです。出発した段階から小雨が降っていましたがまだブレーキに支障がない程度の降りだったのでこのままいけば振られずに済むなと思っていましたが途中山中の道を走っているあたりで本降りになってきました。あまり雨装備は持っていませんでしたがまだそれほど気温が低くなかったのでウィンドブレーカーくらいでやり過ごせました。もう何度も雨の中ロングライドしてますが防水靴下を持ってなかったので靴の中がグチョグチョになって感触が気持ち悪いのは相変わらず嫌ですね。

意外と降ったり止んだりという天気で状態によってこまめにウェアを調節しつつ進んでいったところ亀山市に入ったあたりでパンクしました。久々にパンクしましたがやはり乗ってる最中のパンクは萎えますね。寝不足のせいか長時間休憩したりしつつもそれ以外は目立ったトラブルもなく順調に進んでいき10時間ほどで到着しました。以前往復で行き帰りしたときも同じルートでやはり10時間ほどだったのでこれくらいが平均ペースなんだと思います。

靴を履き替えたり自転車に気を使ったり補給代のせいで結局電車より高くついたり自転車でイベントに行くのはあまり好きじゃないんですがやはり感動が大きくなるような気がして何回もやってしまいますね。今回は自転車じゃないと回せないスケジュールだったと思うと結果オーライだった思います。雨は勘弁して欲しいですが・・・。