読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生つんでる

よく「人生楽しそうだね」って言われますが割りと詰んでます

【イベント感想】11/21中野サンプラザAIKATSU☆STARS初ワンマンライブ「Lovely Party!!」

アイカツ アイドル イベント感想

f:id:tsunderu:20160107233051j:plain

 

もう結構前になってしまいましたが一応書いておきたいと思います。まだギリギリ記憶があるはずなので…。

ほんとはもっと数多くのイベントと駆け抜けた2015年を振り返っておきたいんですが数が多すぎるのとさすがに記憶があやふやになりつつあるのでとりあえず直近で一番大きいイベの中野だけ書いておきます。ごめんねスタアニさん…

 

 イベントには前日入りしました。(僕は地方民です。)特に前日入りしてしたいこともなかったんですが朝から現場にいて空気を感じていたかったのとたしか前日金曜日のほうがバスが安かったはずなので前日入りにしました。誰と約束するわけでもなく、突発で行ったんですが当日いきなりツイッターのフォロワーの方と飲みに行ってそのままお家に泊めてもらいました。ありがとうございます。寝る前にアイカツ曲のDJを少し見せてもらいました。なかなか難しそうでした。

物販があるので当日はそれこそ9時くらいには起きて(イベント自体は18時半スタートです)、11時前には現地につきました。当日券が出るということで、お知り合いの方はチケット自体は持っていたんですがより良席が出ることに期待して当日券に並ばれました。僕はどうするか少し悩んでとりあえず物販に並ぼうとしたんですが、本来行く予定ではなかった昼公演(後述)も当日券が出ていたので思い切って並んでしまいました。オタクはすぐ意思がブレますね。まあ、結果として昼も行って正解でした。

 

並んでいる間に物販は他の方に代行して、Tシャツとタオルを買ってきてもらいました。この2つは基本ですね。とりあえず買っておきたいです。今回はタオル曲もあるということだったのでタオルは必須でした。タオルはたくさん持ってきているのでまあ他のタオルでもいいんですが。Tシャツは白地にカラフルなロゴで、裾のあたりに小さくロゴが書いてある赤いタグが縫い付けられていてオシャレな感じです。物販はこの2つだけ買うつもりだったんですが、その後パーカーも買ってしまいました。パッと見は普通の紺のパーカーなんですが、裏地が黄色で、胸のあたりにロゴが書いてあるんですがなんとなくスタッフ風でなかなか良いデザインです。5000円しましたがこれは買って良かったと思います。

 

この日は本当に天気が良くて、11月も後半、もうすぐ12月だというのに異常なほど暖かい気温でした。暑いくらいです。上着を脱いでロングTシャツの上に半袖Tシャツという格好だったんですが、半袖1枚でも過ごせそうでした。

 

 

f:id:tsunderu:20160107234852j:plain

イベント中はDCDアイカツのフリープレイも行っていて、無料でゲームできるとあってサンプラザ内は賑わってました。MC役のお姉さんがいてマイクで話しながら盛り上げていて、なかなか楽しそうでした。一応アイカツカードは持ってきていたんですが今回はプレイしませんでした。

 

そのへんをウロウロしたりつけ麺を食ったりしていたら昼公演の時間になりました。結構ギリギリに入って、入場して席を確認しようとしたらチケットをどこにしまったかわからなくなりちょっと焦りました。直前にカメラで撮影していたのでなんとんか確認できました。1階のかなり後ろの方でした。メンバーの表情がわからないくらいの距離です。夜は2階だったので、それよりはマシかもしれません。

知らない人のために一応説明しておくと、昼公演というのは子供向け公演のことです。アイカツはあくまでも子供向けコンテンツなので大人がドチャクソ騒ぐライブとは別に子供向けのライブを昼にやっています。一応子供と同伴の大人しか入れないということになっているんですが、それだけだと定員割れするので騒がないなら大人も入ってもいいよというチケットをほぼ毎回売ります。通称「紳士淑女チケット」と呼ばれています。商魂たくましいですね。このチケットで入場しました。当然席は子供より後ろになります。制限が多いので今までは行ってなかったんですが、セトリがわかってない状況では第一回目の公演がこれになるので、セトリの骨組みみたいなものを感じられるんです。当然昼と夜とで全く同じ曲をやるわけではないんですが、逆にあまりにもかけ離れた曲をやるわけでもなく、昼に行った組から「この曲をやったよ」というネタバレを食らうのが嫌で結局行ってしまいました。

席につくと程無くして一曲目が始まりました。一曲目はド定番の「Let's アイカツ!」です。始まっても周りの紳士淑女たちが立ち上がる気配がないので、おとなしく座って見ていました。いつもは3連MIX入れたりして開幕から喉が破壊されるレッカツなんですが、今回は大人しく見ていたせいか、1曲目から泣いてしまいました。アイドル活動!の3期版というイメージが強いレッカツですがしみじみと聞くと本当に泣ける曲ですね。劇場版アイカツの影響も大きいと思います。あれは本当にズルい。

その後も約束カラットだったりLOVE GAMEだったり、いつも通りの驚かされるセトリでした。ショートバージョンが多かったですね。セトリはほぼ夜の短縮版といった感じでした。詳しくは夜公演の方で…。

Poppin' Bubblesもやったんですが、昼公演は振り付け講座がもなさんでした。(夜はみきさんでした。)いつもはみきさんが多いんですが、もなさんの振り付け講座は本当に保育園の先生というかママというか母性の塊みたいな感じでママーッ!しそうになりました。ヲタ芸・コール全面禁止の昼公演ですが、みきさんが「お兄さんお姉さんも踊ってください!」と言うので(笑う)踊りました。2015年は本当に海にもプールにも一回も行ってないのにたくさん泳ぎました。

ハローニューワールドのときに、風船が出てるか・かなの2人がステージで他の4人は客席まで来るという演出だったんですが、僕の目の前にはみほさんが来ました。目の前というほどでもないですが結構近くまで来たのでちょっと高まりました。女児は平気で立ち上がってその辺走り回ってアイドルの方にも触ったりしていたのでうらやましかったです。

コール禁止なのでつまらないといえばつまらないんですが、じっくりと聞き入ることができるのでいつもと違った発見があったりしっとりと泣けたりこれはこれでなかなか良いなと思いました。公演自体は1時間ちょっとと短いですが、その分安いのもいいですね。

 

昼公演はそんな感じで、終わった後はそのへんでオタク各位とお話して過ごしました。イベント前のワクワク感の中で過ごしていると時間はあっという間に過ぎ去りますよね。朝から来たはずなのに気づいたら日が暮れてました。UOをたくさん持っていったんですが途中で他の色も欲しいなと思って(直前のショーケース→わンマンで色が変わる電池式のサイリウムをなくしたっぽいです)、ドンキホーテにオタク棒を買いにいきました。折ってわかったんですが、ゴミでした。暗すぎました。最近の電池式オタク棒は明るいですね。

初めて会う方とお話したり、チケットを渡してもらったりしていたら開演時間ギリギリになってしまいました。完全に一人で参加していたときは開場と同時に入って1時間その場の雰囲気を感じながら待つのも好きだったんですが。

連番したわけでもないのに偶然にも隣の方がフォロワーさんでした。オタクは連番になりがちですね。2階だったので、関係者の方もたくさんいました。どうも関係者席がないみたいですね。アイカツ関係のスタッフの方が2階最前に結構いました。スターアニスの方もいて、リス子さんの顔がはっきり見えたので驚きました。

UOを準備して、捨てる用の紙袋も広げて隣のフォロワーの方に「紙袋に使った棒捨てていいですよ」って言ってるときに始まりました。急に始まったので気が動転してレッカツで3連MIX入れれませんでした。毎回やってる曲なのでまあたまにはこういうのもアリかなと前向きに考えました。

2曲目にしていきなり新曲でまだフルバージョンが公開されてない約束カラットがフルできました。今回はこのパターンが多くて、CD化していない曲全部フルバージョンでやってきたので驚きました。それ以外にも当時まだ全く公開されてない完全な新曲「ミエルミエール」をいきなりフルでやったり、本来はスタアニメンバーの楽曲の「恋するみたいなキャラメリゼ」を特別にアイカツスターズ版でやったり。

「魅惑のパーティー」はリズムが独特で、ライブで来たらどうやって乗ればいいんだろうと思っていたんですがそんな心配は無用でした。るか・もなの2人の息がピッタリ合った怪しげなダンスは本当に魅惑的でボーッと立ち尽くして見入ってしまいました。最後に階段が開いて2人で消えていく演出など、演劇を見ているかのようでした。

DCDでは笑ってしまってイマイチ曲が入ってこない「ロンリー・グラヴィティ」も、フル初披露でした。ドラマ曲はオリジナルのダンスがつくんですが、初見ながらこのダンスはどこかヲタ芸っぽい感じがして好感がもてました。ちゃんと聞くと素晴らしい曲です。

アイカツスターズさんのネットラジオ、ラジカツ!のテーマ曲「ラン・ラン・ドゥ・ラン・ラン!」も初披露となりました。この曲はダウンロード販売しているんですが、ラジオで「中野でやるから買ってください!」とわざわざ宣伝した露骨な販促っぷりです。かくいう僕も中野でやるとネタバレされるまでは買ってなくて、慌てて買ったんですがその時点でamazonの販売ランキング1位になっていたのには笑いました。ラジカツ人口、結構多いみたいですね。ドゥランランはアイカツ曲の中では珍しくファイボーワイパーまで入る貴重な曲です。ラジオでタオル曲です!と宣伝していたんですが、当日はタオル持ってない人が結構見受けられました。ライブにタオル持ってきてないって個人的にはバスタオル持たずに銭湯に来るくらいの愚行なんですが汗かいたらどうするんですかね…?そういう人は汗かかないのかもしれませんが。

「Chica×Chica」では隣のフォロワーの方にいただいた光るオモチャの剣、通称チカチカブレードを振り回しました。アニメとDCDではサビで剣を振り回す曲なんです。今回のライブではさすがに剣は危険だったり取り扱いに難があったのか赤い布を振り回していました。それでも十分カッコ良かったですね。

相変わらずの強いセトリで、アイカツのイベントは毎回油断できませんんね。(欲を言えば薄紅デイトリッパーをフルで聞きたかったんですが…。)

 

楽曲も素晴らしかったですが、演出のすごさに驚きました。照明が「My Show Time」ではステージさながらの歯車の模様が投影されていたり、「LOVE GAME」では歌い分けパートに合わせて赤と青に交互に変わったり。「ハローニューワールド」では風船が飛び、楽しい雰囲気でした。「Poppin' Bubbles」ではシャボン玉がたくさん上に上がっていって、さながら海の泡のようでした。照明が暗くなってシャボン玉が出てくる演出はまるで本当に深海にいるようで海の底から思いの届かない人を見上げているという曲の雰囲気に合っていて、今までたくさんポピバブは聞いてきましたが最高のポピバブになりました。(思いが届かない人に”底”から思い続けてるってオタクから見たアイドルと同じだね…。)

 

衣装もこだわりを感じました。今までのイベントではいわゆるスクールドレスの衣装しかなかったんですが、今回は各担当キャラの推しブランドのプレミアムドレスと、ラブリーパーティーコレクションドレスが追加になっていました。

プレミアムドレスはスターアニスのときと同じくさすがのクオリティで、カードをそのままドレス化したような、アイカツシステムが本物になったような感じです。まあよく見るとちょっとちゃっちいなってとこもあるんですが…。

ラブパコドレスも既存のカードを衣装化したものなんですが、6人全員分の色違いバージョンはカード化されていないので一部オリジナルで作ったというような説明がされていたと思います。プレミアムドレスは豪華で目立って確かに良いんですが、それぞれブランドがバラバラで統一感が全くないのに対してこちらのドレスはほとんど同じ型でありながら色や細かい意匠など微妙に差別化がされていて統一感がありつつ個性もあるというアイドルらしい衣装に仕上がっています。

衣装のパターンが複数あるのは楽しいですね。今回は合計で一人3種類のパターンがあったことになります。ただでさえMC少なめ曲多めでダンスも激しいイベントなのに、衣装チェンジの手間は本当に大変だったと思います。

 

余談ですが「エメラルドの魔法」で高まってUOを折ったら、係員の人に注意されました。何も悪いことした覚えがないのとよく聞こえなかったので適当に流していたらもう一度来てデカい声で「座ってください!!」って怒られました。納得がいきませんでしたがとりあえず軽く座って、その後普通に立ってドチャクソしてても怒られませんでした。高まりすぎるのも悪いと思いますがこういうよくわからない注意されるとちょっと萎えますね。

 

ダブルアンコールまでやって、本当に最後の最後の曲は新曲の「START DASH SENSATION」。オープニング曲を一番最後に持ってくるのは良いですね。終わりなんですが、まだ終わらない感じというか。ゴールだけどスタートというか。NHKホールのラスト「アイドル活動!」と同じですね。この手のデカいイベントは楽しみにしすぎて、あっという間に時間が過ぎ去って、終演後は虚無感しか残らないこともあるんですがこういう次へ続く感じがある曲で終わると前向きな気持ちで終われますね。

次のイベントの告知があったのも良かったです。昼公演の時点で次があるのは知っていたんですが、告知しようとしたまさにその瞬間に、急にスターアニスさんが事前に録音したであろう告知音声が流れて、アイスタメンバーの方も知らされてなかったようで驚いていました。メンバーの中ではしっかり者で先生的な雰囲気のあるもなさんがこれでビックリしてしまって泣いていて、こういうのはズルいだろとこっちも泣きそうになってしまいました。スタアニ・アイスタ合同のイベントなんだからアイスタだけに任せてられるかというスターアニスさんの意気込みが感じられましたね。先輩・後輩の関係のはずなんですが決して下に見て先輩ヅラするわけではなく、実力を認めていて、「負けないぞ!」という心意気を感じました。

 

本当に楽しいイベントでしたが、本当にあっという間でした。全30曲、アイカツスターズ名義の楽曲を全曲やったとは思えないほどの早さでした。イベント自体もあっという間でしたが待っている時間もあっという間で、初めて発表があった横浜のリリースイベントが夏頃で、それから約3ヶ月は間があったはずなんですが気づいたら11月になっていたくらいの感覚です。その間にもなんだかんだでイベントが多く、間を感じなかったせいでしょうね。

2015年は本当に今までの人生で一番行ったんじゃないかくらいイベントづくしになりました。アイカツ自体は2012年からスタートしたんですがこれほど全国的に数多くのイベントができたのは今年が初めてなんじゃないでしょうか。正直アニメ本編には若干勢いの衰えを感じますがイベントのほうはまだまだこれからといった感じなので今後も勢力的に活動していって欲しいと思います。

 

というわけで年も明けてしまい今更感がありますがアイカツスターズ初ワンマンライブの記憶として残しておきたいと思います。3月も楽しみですね。アイカツに興味はあるけどまだアイカツのライブには行ったことがないという方はぜひ3月アイカツフェスタに足を運んでみてください。楽しさしかない時間を過ごせると思いますよ。