読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生つんでる

よく「人生楽しそうだね」って言われますが割りと詰んでます

カレンダーガールさん


アイカツ!ミュージックビデオ『カレンダーガール』をお届け♪

 

↑約束の地です。言いようのない多幸感がありますね。

初期からアイカツを見てる人にはもはや説明不要、カレンダーガールさんです。

 アイカツ一期、一番最初のエンディングテーマです。

一言で言うと、大好きです。あらゆる曲の中で一番好きかもしれません。もし今後一つしか曲を聞くことができなくなるなら、カレンダーガールを選ぶっていうくらい好きです。

というのも、単に好きとか良い曲とかだけではなく、聞いていて飽きないんですよね。初めて聞いたのがアイカツ1話なので、もうかれこれ3年以上前なんですが、毎日聞いていても飽きません。そんなにガーッとテンションが上がって盛り上がる曲という感じではないんですが静かにやる気にさせてくれます。

活力剤というか、気分転換を求めて音楽を聞くことは割りとあると思いますが、そういう用途ではカレンダーガールは最強です。さあ、やるぞ!って感じではないんですが、ダルい感じのメロディとちょっとやる気がないというかダレた感じの歌詞が「まあ、やる気ないけどやるか。」みたいな気分にしてくれます。眠い朝とかは最高です。

その反面、アイカツ一期最終話で流れたフルバージョンのように、シーンによってはとても感動できる曲です。「思い出は未来の中に~」のあたりとかヤバいですね。エンディングテーマなので当然やはり「終わり」を感じさせるメロディでもありますね。

 

2期までのOP・EDテーマは全部そうなんですが担当はいちごあおい蘭です。ソレイユの3人ですね。歌唱担当はわか・ふうり・すなおです。すなおさんはもう担当していませんが…。

いちあお蘭はやっぱり良いですね。最初はまあ初期メンバーだからという理由だけでOPEDはこの3人だったんだと思いますがキャラクターが増えてもこの3人はただの初期メンバーにとどまらずそれぞれ成長して、絆を深めてとてもいいチームになったと思います。最近のアイカツはいちあお蘭が少ないからつまらないんじゃないかな…

 

そんなに盛り上がる曲じゃないと書きましたが、ライブでは別です。といってもまあMIXが入るわけでもなく来た瞬間歓声があがるというようなタイプの曲でもないんですが、コールの楽しさは別格です。(だるだるブルー)(ぐずぐずタイム)とかの合いの手とか、合間に入ってる「イエーーー」とか「フーーー」とかいうアレです。慣れてないとイエーーーとフーーーどっちがどこだったかわからなくなったりしがちなのでたくさん聞いてください。毎日聞いても飽きないですよ。余談ですが、スタアニツアー千秋楽NHKホールで2番になった途端コールの声が小さくなったのはちょっとウムウムウッムーでした。言った歌詞を繰り返すタイプのコールではなくこっちが覚えてないと言えないタイプなので2番の歌詞まで覚えてる人が少なかったってことですね。あれだけ人がいればしょうがないのかもしれませんが。

 

作曲は田中秀和さんです。またか田中。最高か。推せる。

カレンダーガールで一気に信用できるなってなった感じはあります。

ラストサビの後の「ズンッズンッ」ってバスドラが入るとこがあるんですがそこが大好きです。特に理由はないですが。イベントとかで特にレギュレーションがないならあのリズムに合わせて2回強く足踏みすると最高です。楽しいですよ。

 

というわけで、盛り上がるけど盛り上がりすぎず、毎日聞いても飽きず、日々の活力を与えてくれるという、実家のような安心感のあるカレンダーガールさんでした。